忍者ブログ
CUDA+GPGPU、C++、C#などのプログラムについての備忘録がわり
[40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30
Posted by - 2019.10.17,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by サンマヤ - 2010.07.15,Thu
WEBサイトの文章にどうしても数式を使いたいというとき、
HTMLで数式を書こうというのはかなり大変です。

そこで、TeXで文章を作成し、それが自動でHTMLになったらどんなに楽なことでしょう。
TeXでソースを書いておけば、PDF形式で配布することもできますし、
可読性もぐっとあがるはずです。

そこで、LaTeX2HTMLというものをつかってみました。


LaTeX2HTMLの設定方法ですが、
必要なファイルは北海道教育大学の阿部 修さんのWEBページから入手できます。

手順どおりインストールしたはずが、テスト用のTeXファイルをいざ通 してみると、
   No such image Type ''     
な どというエラーがでてしまいます。
どうやらインストール時にGostscriptへのパスを通してなかったのが原因のようです。
Windows のPATH環境変数にGostscriptへのパスを通してインストールしなおしますと
無事変換は通りました。

ところが、変換されたHTMLをブラウザで見てみると、本文が文字化けしています。
どうやらEUCコードになっているようなのですが、どこかで設定を間違えたのか・・・

これは、TeX作成に使ったエディタ、TeXWorksがデフォルトでEUCを使うようになっていたためでした。
コード をShift-JISにして通すと、無事、文章がHTML化されたのでした。

やれやれ・・・

で、TeXWorksが デフォルトで保存する文字コードをShift-JISにしようとすると、

Shift-JISがないではないかっ!

これはTeXWikiの TeXWorksのページで対応方法が紹介されていましたので、
それに従って設定しなおすと無事Shift-JISを使うことができまし た。
めでたし、めでたし・・・
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/19 矢野 忠]
[02/25 山本義和]
[07/08 hirota]
[07/06 hirota]
[02/05 矢野 忠]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
サンマヤ
性別:
非公開
職業:
プログラマ
趣味:
ゲーム
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者アナライズ
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]